歯のホワイトニングに良い&悪い食べ物があるのをご存知でしょうか?
もちろん、永久にその食べ物を続けたり、避けたりするわけではなく、一時的なものです。
ぜひとも気を付けて、一層の効果を得ましょう!

-はじめに
デンタルクリニックで行うオフィスホワイトニングは約24時間、そして、自宅で行うホームホワイトニングでは5時間程度の間は、再度色素沈着しやすいとされています。
食べ物ではないですが、喫煙は避けておいた方がいいでしょう。
もし、どうしても喫煙を控えられない場合は、喫煙後、すぐにブラッシングしたり、口内をゆすぎましょう。
この時、強くブラッシングして歯にダメージを与えないようにしてくださいね。
それでは、食べ物をみていきましょう。

-歯のホワイトニングに良い食べ物
色素がつきやすいものは避けましょう。
具体的には、
・カレー
・ホウレン草など色素の濃い野菜
・醤油などの色素の濃いソース
などです。
とにかく、色素の強いものを避けましょう。

ちなみに、飲み物も要注意です。
・コーヒー
・緑茶
・ウーロン茶
・コーラ
・紅茶
・色の付きやすいジュース類
・着色料を使用しているもの
は避けるべきです。

そして、ポリフェノールを含む食材もよくありあせん。
ポリフェノールは、歯の表面に沈着しやすい性質を持っているのです。
含んでいるものとしては、
・ぶどう(赤ワインなどのドリンクも含む)
・ココア
・チョコレート(ケーキやドリンクなども含む)
などがあります。

摂取したからといって問題があるわけではありませんが、せっかく歯のホワイトニングをしているのですから、少しでも再沈着のリスクを軽減しましょう。

-歯のホワイトニングに良い食べ物
沈着を防ぐのには白色、もしくは無色の食物がいいとされています。
具体的には、
▼食材なら
・白身魚
・パン
・じゃがいも
・米
・大根
・貝柱
・玉ねぎ
・パスタ

パスタなどもホワイトソースを使用するといいですね。

▼デザート・お菓子なら
・ポップコーン
・バナナ
・さきいか

▼飲み物なら、
・ヨーグルト
・水
・白ワイン
・牛乳
などです。

白色や無色のみでは厳しいかと思いますので、そのほか、色素の薄いものを選びましょう。
色素の薄いものと言えば、
・チーズ
・白味噌汁
・ナッツ
・色の薄い飲み物
などがあります。

-摂取してしまったら?
長期的に継続して使用するタイプのホワイトニングを行う場合もあるかと思います。長らくの間、色素の濃いものを摂取しないでいることは難しいですよね。
たとえば、飲み会やパーティーなどで、どうしても避けられないこともあります。

そのような場合は、飲み物なら、ストローを使用するといいです。
そして、歯の表面に触れないように喉へと送り込みましょう。

食べてしまった場合は、喫煙時と同じく、軽くブラッシングし、よく口をゆすぎましょう。

また、歯のホワイトニングが完了した後も、摂取後はブラッシング、口をゆすぐ、を続けていると、白さを維持しやすくなります。
ホワイトニング完了後も、日頃から気を付けて、美しい歯を保ちましょうね。