口元が美しいと、お顔の印象がかなり違ってきます。
反対に歯の黄ばみや黒ずみが目立つと、不潔な印象を与えてしまいかねません。
歯の色って大切なのですね。

そこで、もし、歯のホワイトニングを歯医者で行う場合、どのような方法があるのか、金額はどれくらいなのか、保険の適用有無、通院回数目安についてご紹介いたします。
歯のホワイトニングにご興味あられる方は、ぜひ、ご参考になさってくださいね。

-押さえておきたい重要ポイント
何と、歯のホワイトニングには保険が適用されません。
なぜなら、歯が白くなくても健康に害がないからです。

確かにそうですよね。しかし、保険が効かない場合、どのくらいの金額になってしまうのでしょうか…。

-歯医者での歯のホワイトニング詳細
一気にみていきましょう。

▼マウスピースを使用するホームホワイトニング
専用のマウスピースを作成し、ホワイトニング剤をマウスピースと歯の間に入れ、白くしていきます。
マウスピースは歯医者で作るのですが、ホワイトニング剤を使用するのは基本的に自宅です。
そのため、ホームホワイトニングとも呼ばれています。

費用:2万~5万円程度(別途ホワイトニング剤代金がかかります。5本入りで2千円程度です)

1日2時間程度、1週間~半月を目安に行います。
マウスピースは大切に使用すれば、数年持ちます。
ホームホワイトニングの経験がありますが、5年前に作ったマウスピースもまだ使える状態ではあります。

通院回数:3回前後
・マウスピースの型を取る
・マウスピースとホワイトニング剤を受け取り、説明を受ける
・1週間程度使用して、問題がないかチェックしてもらう。この時、ホワイトニング剤の濃度を変更するかの相談もできるかと思いますので、効果が全くないと思われる方はぜひ相談してくださいね(クリニックによっては不要です)
・半月後、このまま継続してもいいか判断してもらう(クリニックによっては不要です)

メジャーかつ効果が高い方法ですので、かなりおすすめです。

▼光を照射
オフィスホワイトニングとも呼ばれる方法です。
歯医者でのみ行われています。
歯の表面へ薬剤を塗布して、光を当てることで白くしていきます。

費用:3万~6万円程度

通院回数:3回程度
オフィスホワイトニングは連続して行います。
3回程度で行うと、かなり白くなるとされています。
即効性があるため、早く白くしたい方にはおすすめですが、費用が少しかかってしまいますね。

▼その他
歯垢を先に落とすクリーニングです。
特に、ホームホワイトニングを始める前に、やっておくと効果アップ&効果があらわれるまでの期間が短くなるとされています。
クリーニングの費用は、3千~1万円程度です。
歯医者によって変わってきますので、お近くのクリニックを調べてから受けられるといいかと思います。

また、その後、ホワイトニングした箇所が色素沈着を起こすことを避けるためにコーティングしてくれるクリニックもあります。
コーティングにかかる費用は、クリーニングに含まれている場合と、別途発生する場合がありますので、事前にご確認ください。
コーティング自体を行っていないクリニックもあります。

-まとめ
歯医者での歯のホワイトニングは、わりと期間が短くてすむという利点がありますね。
しかし、割と費用がかかってしまうのですね。
そして、通院の手間が、ライフスタイルによっては厳しいこともあるかと思います。
市販のアイテムを使用した自宅ケアの方法もありますし、ご自身にぴったりの方法を探してくださいね!