歯を白くしたいけれど、金銭的にも時間的にも余裕がない、とお困りではないでしょうか?
そんなとき、自宅で歯のホワイトニングがいいですよ。

どのような方法があるのか、自宅でできる歯のホワイトニングについてご紹介いたします!

-市販のケアアイテム
歯のホワイトニングケアアイテムは、数多く販売されています。
具体的にどのようなものなのかみていきましょう。

▼歯磨き粉でケア
最も簡単な方法です。通常、歯磨きは毎日するものですよね。
その際に使用する歯磨き粉をホワイトニングケアができる歯磨き粉に変更するだけでいいのです。

しかし、注意点がございます。
研磨剤入りの歯磨き粉を使用される場合は、使用する期間や方法をきちんと把握してからお使いください。
なぜなら、研磨剤が入っていると、早期にホワイトニング効果を実感しやすいのですが、その反面、歯のエナメル質まで削ってしまう恐れがあるからです。
エナメル質が削れると、歯が薄くなることがあり、そうなると神経が近くなるため、知覚過敏などの症状があらわれる場合があります。
また、歯そのものが弱くなってしまうことも考えられます。
長期的に使用したい場合は、長期使用が可能な商品なのか、また、正しい使い方についても調べてからご使用くださいね。

▼マウスピース×ジェル
マウスピースと歯の間にホワイトニング効果のあるジェルを入れ、白くしていく方法です。
デンタルクリニックでも行われていますが、自宅でも可能です。
自宅での場合、インターネットなどで購入し、マウスピースも自分で作らないとなりません。
ジェルの濃度も選べます。
歯ぐきにジェルが触れ続けると痛みを生じる方もおられるそうです。そのため、初めて使用する方は、最も低い濃度のものを選ばれたほうがいいかと思います。
また、自宅ケアの場合、基本的に輸入品です。

ケアによって、何か問題が生じた場合にも自己責任ですので、慎重に判断なさってくださいね。
※マウスピース×ジェルを使用される場合は、デンタルクリニックで医師の指導の元、始められることをおすすめいたします。

▼ホワイトニングシール
アメリカ製のものがほとんどです。ホワイトニング効果のある成分を含んだシールを歯に直接貼って、白くさせていく方法です。
インターネットで購入できますが、こちらも輸入品ですので自己責任となります。
歯ぐきにも負担がかかる可能性があるとされています。
使用中に刺激を感じる方もおられますし、使用後しばらく、知覚過敏のような症状が出る方もおられるそうです。
レベルも選べますが、初めての使用時は刺激の低いレベルから始めらることをおすすめいたします。

実際に白くなるレベルが上から2つ目のものを使用したことがあります。
口内を清潔にした後、1時間ほど歯に張り付けて、ブラッシングはせずに指を使いながら、成分をすすぎました。
知覚過敏の症状も出ず、2週間程度で白くはなったものの、1年もすると元の色に戻りました。
副作用はなさそうでしたが、継続できるものではないですし、白い歯を維持するには断続的に使用する必要があるように思います。

などがあります。
日本の製品ではない場合、基本的に英語であり、日本語の説明書などはついてこないです。

安易に自己ケアをして、一生ものの歯や歯ぐきへダメージを与えてしまわないよう、慎重に選びたいですね。
そこで、おすすめなのが「ちゅらトゥースホワイトニング」での歯のホワイトニングケアです。

なぜなら、ちゅらトゥースホワイトニングは、
・研磨剤不使用
・1日2回~3回を目安に、歯磨きの跡、歯ブラシにつけてブラッシングし、吐き出すだけでOK
・低刺激の優しい成分で作られている
・基本的に副作用の心配がなく、長期的に継続使用できるため、歯の美を維持しやすい
・医薬部外品(医薬品に準ずる商品)なので安心
なのです。

ちゅらトゥースホワイトニングの公式通販サイトでしか販売されていませんが、沖縄発の商品なのでもちろん日本語で説明されていますし、使い方や成分などの詳細もしっかり掲載されています。
しかも、歯のホワイトニングだけではなく、口臭や虫歯の改善・予防にも効果が期待できる商品なのです。

自宅で手軽に安全に歯のホワイトニングをしたいなら、ちゅらトゥースホワイトニングがおすすめです!

⇒ちゅらトゥースホワイトニングの公式サイトはこちら