喫煙すると、タバコのヤニが歯についてしまいます。
そして、一度沈着すると、中々落ちずに、黄ばみの原因になることも。
歯の裏側にはよくつきやすく、落としきれないままでいると、歯の裏側が真っ黒になってしまう場合もあります。

歯のホワイトニングはヤニがついた歯でも可能なのでしょうか?
また、ホワイトニング中にタバコを吸ってしまうと、効果に影響が出るのでしょうか?

気になるので調べました!

-ヤニがついていても歯のホワイトニングは可能なのか?
歯のホワイトニングでも、ヤニを除去できます。
ヤニも沈着することで歯の黄ばみとなるため、食べ物や飲み物などの色素が沈着して黄ばむのと基本的には同じなのです。
そして、気を付けていれば再び沈着するリスクも減らすことができます。

しかし、長期間喫煙していたのであれば、かなりのヤニが蓄積しているので落ちにくい可能性があります。
ヤニが全くついていない歯と比べると、白くなるまでに時間がかかることがありますが、諦めずにがんばりましょうね!

歯のホワイトニングにより白くなった後にある程度気を付けていないと、またすぐにヤニが付着しかねません。
(※白さを維持するためにタバコで気をつけたいことについては、後述いたします)

-ホワイトニング中に喫煙すると?
いつ喫煙するのか、どのような方法でホワイトニングするのかによって異なります。
デンタルクリニックで行われるオフィスホワイトニングを受けた場合は、24時間程度、歯は色素が沈着しやすい状態にあります。
色素が抜けたばかりなので、不安定な状態だからです。

それゆえ、24時間程度は、色素の濃いものや沈着しやすいポリフェノールなどを避けることが推奨されています。
カレーや赤ワイン、コーヒー、チョコレート、ケチャップ、お茶、紅茶などですね。

白色や無色、色素の薄い食べ物・飲み物を摂取するといいでしょう。
水・白ワイン、大根、米、じゃがいも、パン、キャベツ
などですね。

タバコは、色素沈着しやすいものに分類されます。
喫煙してしまうと、効果が落ちる可能性がある、ということですね。
ですので、24時間はタバコ避けることをおすすめいたします。

どうしても禁煙が難しい場合は、1日に吸う本数をできるだけ少なくしてください。
そして、喫煙後はなるべく早めに、
・歯ブラシで軽くブラッシング
・水かぬるま湯で口内をしっかりゆすぐ
を行ってください。

外出先などで、ブラッシングができない時も、口内をゆすぐ事は行っておきましょう。
ゆすぐだけでも、沈着前で歯の表面に付着しているヤニが多少落ちてくれますよ。
可能であれば、指の腹を使って、歯の表面を優しくこすりましょう。ブラッシングの代わりです。

マウスピースタイプ、シールタイプ、塗るタイプ、歯磨き粉、歯磨きの後に使用するタイプのホワイトニングを行う場合は、5時間程度は喫煙を避けましょう。

できれば、禁煙してしまうほうがいいのですが、習慣化している場合は、急に辞められないこともあるかと思います。
歯のホワイトニング中もそうですが、ホワイトニングが完了した後も白さを維持するために、喫煙してしまった場合は速やかにブラッシングして口内をゆすぎましょう。